車検とは?

車検とは、2年に1回行わなければならない車両検査です。正確に表現をすると、
道路運送車両法の法律で定められている保安基準に適合しているかを検査することを言います。

車検が必要な理由としては、車は摩耗している部分、劣化する部分がとても多い機械で、そのまま点検も修理もせずに運転をしていることで、重大な危険なことが起こることも考えられるということがあります。
これが、たとえ壊れたとしても、人やモノに危害を与えないものなら良いのですが、車は時には生命の危険、器物損害の事態も考えられます。そういった観点から、2年に1回はすべての車両を点検し、保安基準をクリアしているかを必ず点検することになっています。
なお新車で購入した車については、初年度のみ3年に1回の車検になります。

たいてい車検は、ディーラーなどで行うことが多いです。
その際に、修理箇所などが挙げられることが多いですが、厳密に言うとこれは車検の項目ではありません。
車検の目的は、陸運局などに持ち込んで、保安基準のクリア状態を点検するだけの話ですから、修理箇所の交換作業などに関しては別問題になります。

ですから、最近ではユーザー車検といって、自分で陸運局などに車を持ち込んで、
安く車検を済ますこともできます。そこでの点検内容をクリアした場合、向こう2年間はそのままの状態で運転しても良いと判断されることになります。
車のトラブルがない、例えばブレーキの効きが甘いなどということまで点検するのではありません。快適な運転を約束するのではありませんから、ユーザー車検をとった場合は、その後ディーラーなどで、正式な点検をしてもらうことをオススメします。ディーラーなどの車検においては、点検などをしてくれることがほとんどです。

※特集
車検を専門に行っている車検専門店のサイトです・・・車検専門店

Copyright © 2014 車検の内容について All Rights Reserved.